JCSS分銅校正サービス

※ 表示価格は全て税抜き価格です。
 
 貴社で作り出される商品の品質が世界に認められるためには、その生産工程から完成に至るまで、
ISOをはじめGMP、GLPといった国際標準に適合することが求められます。
 調合する薬品、食品、化合物の重さなどの計測に使用する天びん、はかり、分銅に存在する“不確
かさ”を、校正を通して明確にすることは、生産者の義務でもあります。
 JCSS校正は、国家標準に適合している証明であるのと同時に、国際相互承認制度(MRA)により、
その正しさは海外でも適用されます。
 新しい分銅をお求めの際は、不確かさを明確なものにして、トレーサビリティを確立するためにも
質量のJCSS校正をされることをお勧めします。
 
 JCSS登録事業者である大正天びん製作所の校正サービスは、短い納期・正確な校正・適正料金を
モットーとして、お客様の満足するJCSS校正サービスを提供し、校正を行った証である校正証明書を
発行致します。
 (納期は10日以内です)
 (英文校正証明書、英文トレーサビリティ体系図は別途料金)
 
● 分銅の不確かさは、k = 2とした拡張不確かさとします。
● おもりの不確かさは、表す量の上限値での不確かさを表します。
● 品物の状態により、希望の校正等級で校正できないことがあります。
校正時に磁性の影響をなくすため、依頼分銅と比較器計量皿との間にスペーサーを用いて行ない
 ます。また、大きな磁化が確認された依頼品は校正結果が適切に使える対策を協議させて頂きます。

● 運賃は別途申し受けます。
分銅の校正動画紹介 分銅の校正説明冊子